topback02-00

  幼稚園の概要

  ごあいさつ
お子さまの初めての集団生活の場、それが幼稚園です。
核家族・少子化の進む中、子どもを子どもらしく自然にのぴのぴと育てることは、大変難しくなってきております。
私共きそ幼稚園は、開園以来、未来に羽ばたく子どもたちの為に、子どもの時代にしか経験できないことを、たくさん経験させたいと幼児教育一筋に歩んでまいりました。
1961年に木曽町に誕生したきそ幼稚園は、2016年に創立55周年を迎えます。
園名の由来は、地名と人生の基礎となる大切な幼児期ということから、きそ幼稚園となりました。
地域の皆様や保護者の方々、多くの皆様方のご協力のおかげで、7,480人余の卒園児が巣立っていきましたことを感謝いたしております。
親子二代の卒園児や、本園出身の教諭も増え、何より嬉しく幸せなことです。
「心身ともに健やかな子ども」を育む為、今後とも職員一同、頑張ってまいりますので、どうぞ宣しくお願い致します。

↑ to top

  教育目標
やさしいこころ
友達との関わりの中から、弱いものをいたわる温かい思いやりの心持ったり、皆で仲良く遊ぶ事を学びます。又、美しいものを見たり、聞いたりした時、素直に感動し、喜びを表現できる情緒豊かな子供に育って欲しいと願っています。
じょうぶなからだ
子供らしい活気ある逞しい子に育つ為、よく身体を動かして遊び、その遊びの中から、機敏性・体力・協調性・意志力・勇気を育みます。
よく考える子ども
幼児期の知育は、知識のつめこみではなく、遊びを通して培われるものです。「自分で考えて、確かめて、判断する」基礎力を養い、自主性と創造性のある子供にと願っています。

  教育方針
(1)子どもらしく自然に伸びやかに育つこと。
(2)遊ぶ時と集中する時のけじめをつけること。
(3)基本的なしつけ(あいさつや生活の基礎的習慣)に重きをおいて指導する。

↑ to top

  園の特色
● 日々の保育活動は、子どもの興味や関心・意欲を考えて綿密に計画され、子どもが自発的に楽しく参加できるカリキュラムを設定しています。
● 体育・音楽(リトミック)・絵画造形・英語は、それぞれの分野の専門講師を招き、全園児が週一度保育時間内に、指導を受けております。身体表現・音楽表現・造形表現を柱とした活動を通して、豊かな表現力を伸ばすように心掛けています。
● 年齢別クラス編成とし、1クラスの人数を適正なものとし、園児一人一人をよく見つめ、良い個性を大切に伸ばすように心掛けています。
● 四季折々の行事を大切にし、地域との交流や、昔ながらの伝統を継承する事にも重きをおいて、行事保育を行っています。

↑ to top

幼稚園の概要

子育て支援その1 こりすぐみ

子育て支援その2 あっぷるくらぶ

子育て支援その3 ミッキークラブ

課外クラブ

お父さんの会

kisopa.net

スタッフからあれこれこぼれ話